ヒートケア60低温ドライヤーは使い方によって違います

ヒートケア60低温ドライヤーは髪の毛を乾かす時に、欠かせない必要なものとなっています。女性の多くは、このヒートケア60低温ドライヤーを持っていると思います。
しかし、その使い方が間違っていると、せっかく乾かした髪の毛が健康な状態であると言えないこともあるのです。ZOM93_aishiauzombie20140503500-thumb-900x600-4574
そのため、正しい使い方で、髪の健康を守ることが大切です。

頭皮をしっかりと乾かす
ヒートケア60低温ドライヤーを使用する時に、つい髪の毛を乾かすことに必死になります。しかし、その髪の毛よりもしっかりと頭皮を乾かすことが大切なのです。
それは頭皮が湿っていることによって、その部位に湿っていることによりバイキンが付着しやすい状態となってしまうのです。バイキンがそのまま付着したままの状態となると、抜け毛の原因となったり、髪に栄養分が十分に浸透しないことになるので、髪がパサつく原因となってしまいます。
そのことからも、頭皮からしっかりとヒートケア60低温ドライヤーをあてて、乾かすことが重要です。

髪の毛が乾燥しすぎないように行う
ヒートケア60低温ドライヤーを髪の毛にあてる時、つい同じ部位にあてることがあります。すると、その部位が乾燥しすぎてしまい、髪の毛が傷む原因となってしまうのです。
そのため、同じ部位にあてないように、低温トリートメントドライヤーを動かしながら行うことが大切です。
また、あまり近づけすぎて、あててしまうと、その部位も髪の毛が痛んでしまう原因となります。
これらのことに気をつけて、意識をしてヒートケア60低温ドライヤーをするようにしましょう。

髪の毛を乾燥させたら最後は冷風をあてる
髪が乾燥したとおもった時に、最後に冷風をあてることによって、髪の健康を守ることができます。冷風は、髪の毛にあるキューティクルを引き締める効果あるので、引き締めることによって、髪の毛の栄養分を閉じ込めてくれることになります。

最後にブラッシングを行う
髪の毛を乾かしている時は、手で乾かすようにします。ブラッシングをこの乾かしている段階で使用すると、髪の毛が痛んでしまうので、最後に使用することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>