器用な友人はドライヤーだけでスタイルングする

PAK99_kabegiwatuuhousimasita20140301500-thumb-600x900-4301ヘアスタイルを七変化させることを目的とするなら、私はどうしてもヘアアイロンを使わずにはいられません。そんな主張をする私に対して、器用な友人は苦言を呈しました。ドライヤーさえあれば、思い通りのスタイリングができるなどと言うのです。信じられないことだと思いましたが、友人の器用さにはいつも驚かされているので、嘘ではないと感じました。
ドライヤーを高く評価している友人の自宅で、パジャマパーティーをしたことがありました。蒸し暑い日が続いていたので、私はヘアアイロンを使ってもすぐに髪が元通りになることに悩んでいました。そんなときでも友人の髪型は、しっかりとスタイリング後の形が維持できていたと思います。羨ましいと思いながら彼女が入浴後にドライヤーを使っている姿を見ると、今まで私が考えもしなかった活用術を実践していました。友人は巻き髪を好むのですが、ヘアアイロンを使わずにドライヤーだけで完成させていたのです。髪の毛を丸い棒でクルクルと巻き、その部分にドライヤーの熱風を当てていました。十秒ほど経つと、今度はドライヤーを冷風モードに切り替えて髪の毛に風を送っていました。そうすると、私がヘアアイロンを使う場合よりも綺麗にスタイリングができていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>