月別アーカイブ: 2015年7月

私が低温トリートメントドライヤーを使い祭に注意している事

TAN_nensyuuhikusugi500-thumb-500x750-1472私は、以前はドライヤーを使わないで、自然乾燥に頼っていました。でも翌朝の癖がとれないので困って、低温トリートメントドライヤーを使うようにしました。使うなら少しでも髪にいい使い方をしたいと思いました。
注意していることは、髪の毛からセンチ以上離して上から下にかけます。最初kは温風ばかりでかけていましたが、温、冷風を使い分けたほうが髪のダメージが少ないことがわかりました。髪は熱に弱いので、できれば冷たい風のほうが負担は少ないです。しかしすぐに冷たい風をあてると髪が乾燥します。シャンプー後はキューティクルが開いているので、温風で乾かして、次に冷風をあてるのが効率がいいです。風量は私は最初は強めにして乾かします。長時間強風だと髪が広がったりパサパサしたりするので髪が乾いたら、弱めに設定を切り替えています。特にスタイリングするときは風量を強くするとなかなか思うようなスタイルが作れませんので、気をつけてくださいね。乾かすときは毛先から根もとの向けて乾かします。最初はよくわからないで根元からがいいと思ったのですが、頭皮が乾燥して、ふけやかゆみの原因になります。ドライヤーを掛ける前ですが、バスタオルでしっかりと水分を拭き取っています。私は2枚利用しています。現在使っているのはココナッツオイル入りの髪の美容液です。オリルだと私はべたべたするので美容液がちょうどいい感じです。

恐るべしナノイーのドライヤー

TAN_kurayamidepc500-thumb-500x750-1478私が愛用しているドライヤーは、パナソニックの「ナノケア」です。
イオンやナノイーなどといった目に見えないものは、「本当に効果があるのかな」と、正直、半信半疑でした。
お値段も若干お高めなので、本当に迷ったのですが、年齢とともに髪質が変わってきて、パサつきも感じるし、ごわごわしてまとまりにくくなってきてしまったので、物は試しと「ナノケア」にしてみました。

初めて使った時は、温風がとてもやわらかいのに驚きました。
単なる強風ではなく、しっとりしている感じがはっきりと分かるのです。

ナノイーは、髪の水分バランスを整える効果があるので、髪のうねりを抑えてくれるのです。
また、髪に水分が浸透することによってキューティクルを引き締めます。そのため、髪はツヤツヤになり、しなやかで、しっとりとまとまる髪になるのです。

さらに、ナノイーは髪だけではなく地肌にもとても良い効果があります
ナノイーが地肌に水分を与えることによって地肌のストレスとなる乾燥を防ぐことができます。
また、地肌の余分な皮脂を水分と混ざりやすくすることによって、健康な地肌を保つことができます。
美しい髪は地肌からですので、とっても良い効果だと思います。

「ナノケア」を使い始めてから、パサついてゴワゴワしていた私の髪もとってもまとまりやすくなりました。乾かす時間も以前使っていたドライヤーよりもはるかに短くて済むので、熱によって髪が傷むこともないような気がします。

それから、「ナノケア」の「skin」というモードがあるのですが、こちらを顔に5秒ほどあてると、顔にもナノイー効果が与えられるのです!
最初は「ドライヤーの風を顔にあてるなんて、乾燥しそうで怖い!」と思いましたが、ナノイー効果でしっとりするだけではなく、温風によって血行が良くなるためか、顔のむくみがすっきりと取れるような気がします。

最初は半信半疑だった「ナノイー効果」。もう今では、これは絶対に手放せません!

ドライヤーは風量が多いものがお勧め

TAN_aozametadansei500-thumb-500x750-1470ドライヤーは美髪を目的にイオン発生などを謳ったものが多いし人気ですが
私の場合あまり効果を感じられませんでした。
有名メーカーの1万円はするイオンが出るものを使っていましたが、髪はサラサラに
はならないし、風量が弱くなかなか乾かないしで損したな~と思っていました。

私の髪は癖があり量も多いので伸びてくるととても扱いにくくなってきます。
面倒くさがりなので美髪よりもブワ~っと一秒でも早く乾かしたいので風量が大きいのが
欲しいなと思ってました。

行きつけの美容師さんのおすすめでW数の大きいものがいいと聞いていたので
W数が大きく風量が大きい物を選ぶことに。
家電売り場に行くと今は結構ほとんどのドライヤーのお試しができるんですね。
しかも風速1.9mなどとPOPに書かれています。

片っ端から風量の大きなものを試していきます。
使ってみるとまずその風量に感動です。
今使っているのは風量は無い上に温度が熱く一か所にずっと当てていると暑くて…
しかも重いしなかなか乾かない。

私が選んだのは中堅メーカー?の風速1.9mのドライヤーです。
4000円ぐらいでした。
その夜さっそく使ってみると風量が大きく快適~すぐに乾きます。
毎日毎日面倒だったドライヤーが快適です。

風もそれほど熱くないのでずっと使っていても体が暑くないので夏場にはとってもおすすめです。
大手メーカーの半額以下のお値段でこんないいドライヤーが買えてうれしいです。
高いからいいというものではありませんね、どんな商品も。
きちんと自分にあった商品を選べば生活の質も上がりますね。

あと、変わった使い方として私はよく服を乾かします。
朝、洗顔の時たっぷりすすぎをするせいか?胸元がちょっと濡れてしまうので
それを乾かします。
少しなので20秒ほどで乾きますが、前の高価なものだと1分以上とか結構時間が
かかったんですよ。

汗ばんだ時にもわきや首元の汗を乾かすのにちょっと当てたりだとか、体の湿気を飛ばすために
使いますね。
とにかく風量が大きいのですぐ乾いて快適です。
早く乾かしたい方は風速で選んでみてくださいね。

ちなみに私が知っているドライヤーの中で一番良さそうなものは低温トリートメントドライヤーというドライヤーですよ

私がドライヤーに求めるもの

私がドライヤーを選ぶ際に一番重要視するのは風量です。髪の毛が多い、長い、太い、の3重苦なので、とにかく乾かすのに時間がかかるのが一番嫌なので、ナノがどうとか、マイナスイオンがどうとか、そんなことよりもまずは風量が沢山あってすぐ乾くことが一番です。

PAK99_urayamakeshikarankabedon20140301500-thumb-260xauto-4295毎日使う物なのでここを妥協してしまうと、ものすごくイライラして大変でした。
一度ドライヤーが壊れたときに、ネットで良さそうなマイナスイオンで髪の毛サラサラ、とかいう謳い文句につられて風量を気にせずに買ったら、すごく苦労したのです。ドライヤーで髪の毛を乾かすのに10分くらいかかって毎日すごくストレスになり、結局どうしても我慢できずに、買い替えました。それほど私にとって風量は大事です。

今は1200wですぐ乾くものを使っており、快適に乾かしています。もちろんドライヤーもピンからキリまであるので1万円以上するものもあるようです。そんなものは風量もあり、その他の付加価値も満足するものが沢山ついているようですが、私にはとても高すぎるのでとにかくきちんと乾くもの、を条件にドライヤーは選んでいます。
いつかお金持ちになったら高いドライヤーも買って違いを試してみたいと思っています。

器用な友人はドライヤーだけでスタイルングする

PAK99_kabegiwatuuhousimasita20140301500-thumb-600x900-4301ヘアスタイルを七変化させることを目的とするなら、私はどうしてもヘアアイロンを使わずにはいられません。そんな主張をする私に対して、器用な友人は苦言を呈しました。ドライヤーさえあれば、思い通りのスタイリングができるなどと言うのです。信じられないことだと思いましたが、友人の器用さにはいつも驚かされているので、嘘ではないと感じました。
ドライヤーを高く評価している友人の自宅で、パジャマパーティーをしたことがありました。蒸し暑い日が続いていたので、私はヘアアイロンを使ってもすぐに髪が元通りになることに悩んでいました。そんなときでも友人の髪型は、しっかりとスタイリング後の形が維持できていたと思います。羨ましいと思いながら彼女が入浴後にドライヤーを使っている姿を見ると、今まで私が考えもしなかった活用術を実践していました。友人は巻き髪を好むのですが、ヘアアイロンを使わずにドライヤーだけで完成させていたのです。髪の毛を丸い棒でクルクルと巻き、その部分にドライヤーの熱風を当てていました。十秒ほど経つと、今度はドライヤーを冷風モードに切り替えて髪の毛に風を送っていました。そうすると、私がヘアアイロンを使う場合よりも綺麗にスタイリングができていました。